日本企業のムスリム社員受け入れについて

田上
いまや世界人口の4分の1を超えているイスラム教徒(ムスリム)。日本に住んでいるムスリムの人もたくさんいらっしゃいますね。
Aunee
そうですね。私は主にマレーシアの求職者へのマーケティングやお仕事の紹介を行っていますが、日本で働きたいマレーシア人は多いですよ!特に日本語を必要としない求人への問い合わせは殺到しています。
田上
なるほど、日本語を必要としない求人かあ。(これは苦労しそうだなあ…)まあ求人のお話は置いておいて、これから日本全体そして日本の会社のムスリムの受け入れもどんどん進むであろうと思います。そうせざるを得ない状況が来てますね。ところで、ムスリム出身者を社員として受け入れるときに考えておくべきポイントはありますか?

ムスリム(イスラム教徒)社員を採用する際にどのように対応しますか。

何を考慮する必要がありますか?

 

Aunee
日本企業はムスリム社員を受け入れる際に、これについて聞くと思います。ムスリム社員をもっと理解するために今回はイスラム教の基本的なルールおよびそれに対してどう対応したらいいかを紹介したいと思います。
  • 飲食  

Q: 禁止された食べ物・飲み物はありますか。

ムスリムは基本的には豚肉を食べてはいけません。豚肉以外チキン・肉などが食べることはできますが、

ハラールチキン・

HALAL.BW.肉じゃなかったら食べれません。動物由来・豚由来・動物性など(例:ショートニング・乳化剤など)が入っている食べ物も注意しています。例えばラードを使ったパンも不可です。海産物はOKです。植物由来・植物性の乳化剤とかもOKです。また、お酒・アルコール・ワインなども飲んではいけません。

Q:  日本酒、料理酒、ワインなどを使った料理はどうですか。

イスラム法学では両論ありますが、一般的には気にします。料理に使ったアルコール量によって、OKと思う人もいます。そのため、食べる本人がOKであれば提供は可です。

Q: 会社のパーティーでどうしますか。パーティーで豚肉を食べ、お酒を飲む状況は避けるべきか。

そこはあまり気になる必要はありません。会社はオプションとして少なくともベジタリアン食品またはシーフードを提供したら良いと思います。

Q: 豚肉を取り扱うことに関係がある仕事はどうですか。

ほとんどのムスリムは豚肉を取り扱い処理することなどに関係がある仕事に不快です。実際には豚肉を取り扱うことができますが、触れた後に特別な方法で手などを洗う必要があります。

Q: アルコール・酒・ワインなどはどうですか。

イスラム教ではムスリムがアルコール・酒などを飲んではいけないことだけでなく製造、加工、販売、配給、提供なども禁じられています。

Q: これに対してどうしたら良いですか。

申請者に必ず仕事の内容を明確に説明したほうが良いと思います。例えば、パン屋での仕事は、豚肉製品の取り扱いが必要な場合があって 、これが必要で避けられない仕事の要件であることを申請者に明確にしたら良いです。その後は申請者の自身選択になります。

ㇵラールについては具体的に知りたい方はこちらをご覧ください:ハラールとは何?

  • 礼拝

Q: お祈りは一日に何回しますか。お祈り時間はいつですか。

ムスリムは一日に5回お祈りをするが通常の就業時間には、2~3つのお祈り時間(正午のお祈りと午後のお祈り)があります。正午のお祈りはだいたいランチの時間のときやります。一回のお祈りは5分~10分程度です。お祈りの時間割はいつも変わりますのでこちらにご覧ください:イスラムのお祈り時間割り

IMG_0132edited-1024x682Q: 礼拝場所はどうですか。

ムスリムは清潔であればどこでもお祈りできますが、空室が提供されたら、大変ありがたく思います。ですが、例えば会社にお祈り部屋がない場合でも、利用されていないミーディングルームなどを使う許可をいただけると嬉しいですね。

身体接触

Q:  男女の接触を避けることが重要視されていることをよく聞いていますが、握手くらいはどうですか。

イスラム教では家族以外の異性には肌を見せない、身体接触も避けるという戒律があります。挨拶する際に、相手が同性の場合は、握手できますが、相手が異性の 場合、相手が握手を求めてこない限り、身体的な接触は避けたほうが良いと思います。

309715_2515888296194_643342697_n
  • 外観・服装

Q: ムスリム女性は髪の毛を露出してはいけませんか。

イスラム教では女性が顔と手以外を隠しなけらばならないルールがあるので、ローンスカート・ヒージャブなど顔と手以外を見せないような服装をしています。

Q:  ムスリムの男性がひげを生やすべきか?

イスラム教では、ひげを生やすことが奨励されていますが、必須ではありません。

今回紹介したことは一般的なことですけど,それぞれの人の許容レベルが違うなので、最適なアプローチはそのムスリム社員と話し合い、尋ねたほうが良いです!

田上
なるほど、ありがとうございました。結局のところ、両者の話し合いが大切ということですね。ムスリムだからという理由で選考を断ったり、不採用にしたりはせず、一人の人間として話し合う姿勢こそが、受け入れの第一歩ですね。
Aunee
そうですね、特に留学生であれば、日本での生活に慣れていますから、ムスリム対応ができていない社会の中で生活する方法は心得てると思います。話し合えば問題ないと思います。

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN採用のページへ