ハノイ工科大学 Hanoi University of Science and Technology 〜ベトナムの大学特集〜

こんにちは。ベトナム人留学生のアインです。

本日、皆さんにベトナムの有名な大学であるハノイ工科大学(HUSTについて紹介します。

ベトナムで「工科大学」というと、ハノイ工科大学(ベトナムの北部)、ダナン工科大学(中部)とホーチミン工科大学(南部)があります。3大学ともベトナムの非常に有名な公立大学で、ベトナムの各地域の高校生が学習したいと思う大学です。その中、ハノイ工科大学は一番長い歴史を持っています。

スクリーンショット 2017-04-21 18.02.35 ベトナムの「工科大学」

ハノイ工科大学 (HUST)はベトナムの最初の技術系総合大学であり、理科系で国1位という名門大学です。

ベトナム語:Đại học Bách Khoa Hà Nội

英語:Hanoi University of Science and Technology

日本語:ハノイ工科大学

住所:Number 1, Dai Co Viet street, Hai Ba Trung district, Hanoi, Vietnam

設立:1956年10月15日

学生数:27984(学部)、1582(大学院)(2015年)

ホームページ:https://www.hust.edu.vn/

ハノイ工科大学(以下HUST)はAsia-Oceania Top University League on Engineering(AOTULE)http://www.aotule.eng.titech.ac.jp/index.html)のメンバー大学であり、東京工業大学(日本)や精華大学(中国)などの世界的に有名な大学と積極的に交流が行っています。

教育システムとして、専攻により違いますが、基本的に学部が4年間です。その後、以下の2つの選択があります。

  • エンジニア資格を取りたい学生は最短1年間(学部も含めて合計5年間)
  • 修士学位を取りたい学生は最短1年6カ月(学部も含めて合計5年6カ月)

スクリーンショット 2017-04-21 14.29.50 ハノイ工科大学の教育システム

本日、皆さんに主に紹介したいのは、日本の労働市場(特にICT産業)に大きい意味を持っているHUSTHEDSPIプログラムです。

2006年に、HUST及び日本文部科学省(MEXT)国際協力機構(JICA)の協力で、「Higher Education Development Support Project on ICT」(HEDSPI)プログラムがHUSTに設立されました。HEDSPIプログラムの概要は以下で紹介します。

教育目標:

  • 高い専門知識だけではなく、語学力(日本語及び英語)、そして、先進国の働く環境に対応できるビジネスマナーの良いエンジニアを育成する
  • ICT産業において、ベトナムと各先進国(特に日本)の架け橋存在である「ブリッジSE」を育成する

→スキルの目標:

  • 情報処理技術者スキル標準(ITSS)レベル3相当のスキル
  • 日本語能力試験(JLPT)N2相当の語学力
募集人数:

毎年約120名

カリキュラム:

  • 日本の大学(立命館大学や慶應義塾大学など)の専門家のアドバイスにより作成されている
  • ICT専門科目以外にも、日本語、日本文化、日本風ビジネスマナーの授業やセミナーも充実している
設備:

kyoshitsu

教室

jikkenshitu

実験室

thu_vien HEDSPI

図書室

卒業後の進路:

  • HEDSPIプログラム卒業生は日本の企業か日本の顧客があるベトナムのIT企業に勤める
  • 45%の卒業生は日本でSEとして働く
  • 多くの卒業生はブリッジSEを目指す
HUST

HEDSPI卒業後の就職国別

交換留学プログラム:

  • 日本、スウェーデン、マレーシア、タイ、フィリピンなどで交換留学プログラム(1学期か10日間)
  • 日本の会津大学で2+2(ハノイ工科大学で2年間、会津大学で2年間)の編入プログラム

毎年120名の45%(約50名程度)の新卒学生が来日し、HEDSPIプログラムは日本ICT市場をはじめ、質の高い人材供給の面で大きい意味を持つでしょう。

HUSTでは、HEDSPIプログラムであるベトナム・日本共同ICTプログラムの他にも、特別訓練プログラムとして、「有能エンジニアプログラム」「優秀エンジニアプログラム」「高度プログラム」もあります。

「有能エンジニアプログラム」「優秀エンジニアプログラム」は年間100人の優秀な学生を対象に、機械工学やITなどの専門分野に関するベトナム語で教授を行っているそうです。

他方、「高度プログラム」に関しては、年間150人の「国際志向」の学生を対象に、アメリカの大学と連携したプログラムが提供されて、教授言語は英語となっています。

ハノイ工科大学(HUST)の卒業生は本当に優秀です。

僕は日本で何回もHUST出身の方々と会いました。彼らはずっとITの環境にいるからか、みんなゲームが大好きです。

彼らとお会いする機会があったら、ゲームの話をして、絶対盛り上がりますよ!

今度は「ハノイ工科大学」と間違いやすい「ハノイ工業大学」について紹介します。お楽しみに!

LE THAI ANH (レー・タイ・アイン)

Update(4月28日):「ハノイ工業大学 (Hanoi University of Industry)~ベトナムの大学特集」の記事ができました!!

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN採用のページへ