★内定者インタビュー★『日本とタイの働き方には大きな違いがある』タイ出身ジーさん

D60B0831-961D-4249-9451-315764B1FB41
水口
こんにちは。水口です。今回はゴムや合成樹脂製品業界に内定を決めた留学生ジーさんへインタビューです!

<ジーさんプロフィール>

ジーさん

*Kunalai Ajaree(クナライ アージャーリー)さん
*ニックネーム:ジーさん
*シーナカリンウィロート大学出身/日本では日本語学校入学(2017年9月卒業)
*ゴム・合成樹脂製品などの製造・販売・施行を行う会社に内定

タイ出身、日本へ来て1年2ヶ月。タイの日系企業で勤務していた頃、自分の日本語力の中途半端さに気づき日本へ来ることを決めました。今年の10月にゴム・合成樹脂製品などの製造・販売・施行を行う会社で内定を決めました。
もともとタイにいる頃から、漫画ちびまる子ちゃんと、モーニング娘。、嵐が好きだったことも日本に来るきっかけの一つ。
日本の漫画は翻訳までに時間がかかる為新刊が出てから待ちきれなく、日本語を勉強して読めるようになりたいという気持ちが強かったそうです。ジーさんは、総合職採用で活躍予定です。

就活マナーは文字で覚えるだけでなくYouTubeでも。

− 日本語の勉強は日本に来てから始めたのですか?

ジーさん
タイでも日本語の勉強はしていましたが週1回のペースでした。日本に来てからは日本語学校で毎日文法を学んだり、1分間日本語でスピーチを行ったりしました。特に漢字は難しく、何度も書いて覚えました。とにかく日本の人と話せるようになりたかったのでラーメン屋でアルバイトもしました。アルバイトをしたことでかなり会話力が上がりました。

− いつから就職活動をはじめましたか?

ジーさん
私はJLPT(日本語能力試験)2級に合格したら日本で就職活動をすることを決めていました。苦手なパートは「読解」でした。たくさん勉強し2級に合格し2017年9月から就職活動を始め、10月に内定が決まりました。

− 就職活動はどのように行いましたか?

ジーさん
友人から、どのように就職活動を行えばよいか聞きました。その一つにASEAN CAREERが東南アジア出身の留学生向けに企業を紹介していることを知り登録しました。今回内定を決めた会社がASEAN CAREERで紹介された会社です。

− なるほど、就職活動で大変だったことはありますか?

ジーさん
面接はやはり一番大変でした。特に敬語を覚えることが難しかったです。

− やはり面接は大変だと感じる留学生は多いですね。ジーさんは、そのための対策は何かしたんですか?

ジーさん
はい。私は特にYouTubeを見ながら勉強しました。入退室のマナーや、アピール方法まで勉強しました。

− 面接で特に意識していることはありましたか?

ジーさん
私はリラックスすることと、笑顔を忘れずに面接をしていました。

タイ人の私から見た働く日本人の印象

3E06E882-5BC1-4B5F-90C5-C4EDADC48B9B

− 働き方についてタイと日本で違うなと感じることはありますか?

ジーさん
日本ではまだ会社で勤務したことが無くアルバイト経験のみでの話しになってしまいますが、働く日本人は真面目ですね。よほどのことがない限り日本人のスタッフはお客さんに対して全力で対応します。いらっしゃいませ、ありがとうございますは必ず言いますし、しっかり謝ります。タイは、マニュアルのように働いているのがほとんどです。

− 一方で日本人の「お客様」についても違いがあるそう。

ジーさん
私はラーメン屋さんでアルバイトをしていました。ラーメンを食べているお客様に「野菜が柔らかすぎるので作り直して欲しい」とお願いされたことがありました。他にも一人でオーダーを取っていたとき別のお客様に「もっと早くしてほしい」とお願いをされたこともありました。日本のお客様は厳しいと感じることもあります。タイではほとんどそういうことが無いので。

アルバイトの経験がある方は少なからず、そういう経験もあるのでは!?確かに厳しいかもしれませんね。

入社後は日本人の◯◯を学びたい

04F3FB6F-99C0-4FBE-AD52-9A0248F274A0

− 最後に、ジーさんは今年の4月から日本の企業で働きますが、どんな働き方をしたいですか?

ジーさん
日本人の働き方を習得したいです。タイの日系企業で働いていた頃日本人とタイ人の働き方には大きな違いがありました。それは日本人の課題解決のサイクルです。タイの日系企業で勤務していた頃多くの日本人は「PDCAサイクル」を回す意識があるように感じました。プロジェクトの中で何か問題が発生したとき日本人は必ずPDCAに振り返っています。その問題はどこから始まったのか?どう改善するか?を考えられるのはタイとは大きく違います。タイは順番を守らず自由にやります(笑)マイペースなんです。私はそんな日本人の働き方をを勉強したいと思っています。

なるほど。確かにPDCAの意識があると仕事を効率良く行えますよね。日本に来たからには日本人の働き方を学びたいという気持ちが素晴らしいですね。実際に働いてみて更に日本の働き方の良い部分、良くない部分が発見できるかもしれませんね。タイの日系企業での勤務経験も活かしてくださいね。ジーさんのこれからのご活躍を楽しみにしています。応援しています!

インタビュー後記

タイの日系企業で働きながら、日本語力が中途半端だと感じ日本へ留学したことは大きな覚悟が必要だったことでしょう。ジーさんの穏やかで癒される性格とは裏腹に、イギリスへの留学や日本への留学とかなりアクティブなご経歴を持たれていて、多くの経験をされていました。イギリスと日本の違い、日本とタイの違いを理解しているからこそジーさんにしか分からないことってたくさんあるはずです。タイで働いた経験は必ず日本で活躍する強みとなると思います。日本人の働き方を経験しながらジーさんとしてのポジションを確立していってください。これからのご活躍を楽しみにしています!

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN採用のページへ