ミャンマー人採用の実態 2019年度Ver (採用事情編)

こんにちは、田上です。

前回のミャンマー人採用の実態 2019年度Ver (人材市場編)に続き、最新の採用事例を紹介したいと思います。

ミャンマー人採用の実態 2019年度Ver (人材市場編)

まず我が国におけるミャンマーに対する見方としましては、軍事政権終了が2011年のため、進出企業数自体は少ないですが、JETROのレポートによれば期待値は他ASEAN諸国よりも高いようであり、市場規模・成長性、労働力の安さから多くの企業の進出が期待されるでしょう。

 

弊社の採用事例

まだまだ進出数が少ないですが、これから進出予定また既に拠点をお持ちである、IT系企業様、繊維系メーカー様、電気工事企業様、旅行会社様などから、ミャンマー進出の中核および将来の母国拠点のマネージャーとしての在日ミャンマー人留学生/社会人のご紹介の実績がございます。ミャンマー人向け求人がリリースされ始めたのが割と最近の話でして、入社してまだ日が浅いですが、一生懸命仕事を覚え、来たるべきタイミングに向け準備を進めている状況のご様子です。

一方で、労働力として期待されているミャンマー人技能実習生の通訳・生活サポートにおけるマネージャー役や、東京五輪に向け受注増のハウスメーカー様、プラントメーカー様に対して、年々採用困難になりつつある、設計・施工管理の職種における若手採用でミャンマー人留学生のご紹介の実績もございます。また明るく・ホスピタリティに溢れる性格が高く評価され、販売職・ホテルスタッフとも相性がよい印象があります。

モノづくりを担える人材は自社育成が必須

そもそも軍事政権で、国内でモノづくりが行われていなかったミャンマーにおいては、モノづくり教育の土壌すらできていなく、人材確保が非常に困難な状況です。さらには日本に留学する方々も、ミャンマーの現状を踏まえ、学部・学科を選択する傾向にあるため、特に、機械工学や電気工学を選考する方はかなり珍しいと言えます。そのような方々に向け求人を出すよりかは、ものづくりに興味のある人材を採用し、国際業務に関わりつつ、ものづくり教育を行い、将来的に母国マネージャーに据えるやり方が近道かもしれません。ミャンマー現地の技術系教育基盤を整うまで待つか、自社で育てるか、前者はなかなか読めないですが、後者が現実的かなと私は考えております。

 

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN CAREER 採用のページへ

ABOUTこの記事をかいた人

TagamiTatsuya

1988年東京で生まれ、2010年に明治大学経営学部を卒業後、金属系の専門商社にて海外輸出チームにて中国向けの輸出及び中国・中南米の三国間貿易に従事。 ASEAN好きが高じて、2013年に退職。ASEAN留学生と若手日本人の文化交流を推進するNPOを創業。2014年には在日留学生の就職問題と日本企業の機会損失を解消すべく、NODE株式会社を協同創業。 主に在日東南アジア人材を中心に約10,000人の日本語人材の獲得、さらに3,000人以上の面談経験を有する。 現在は、ASEAN人材ハンターの肩書きのもと、採用企業の外国籍人材採用および同業人材エージェントの戦闘力強化をサポート。