タイ人採用を理解するSNP

こんにちは、田上です。

早いもので2019年も残り3ヶ月を迎えようとしています。

ASEAN特化と謳いつつ営業活動をしている弊社ですが、業績はお陰様で昨年よりも上向きそうです(感謝感謝!)その中でも問い合わせが圧倒的に増え、弊社の実績でも圧倒的に強い(強くなってしまった) のがタイ人のご紹介であったりもします。

もちろんベトナム・インドネシア・ミャンマー・マレーシアなど他の国籍の採用の対応力も十分にございますが。ベトナムについては、人材のニーズは高いが、他の人材会社が増えており。一方でインドネシア・ミャンマーについては海外事業推進においてピンポイントの人材ニーズが増えているものの、そこまで高くはなく。マレーシアについては英語や中国語に強い人材がいれば何とかかもしれないとのことで、そこまでピンポイントな人材ニーズは少ない状況です。

ですので、お陰様でタイに関しては多くの成功例と失敗例を体験している自負がありますので、これから採用を考えている経営者の方々や従業員の方々にお役立ていただければと思います。

名付けて、タイ人採用を理解するSNP
S (Speed) , N (Nickname), P (Parents)

*ネーミングは適当にキーワードを並べて頭文字をとっただけです。。。

S (Speed=スピード)

日本語のできるタイ語ネイティブは多くの会社で採用競合となっているため、スピード感のある採用が前提となります。候補者をお待たせすることで他の会社を選んでしまうこともあります。特にバンコクにおいては応募から1週間以内に採用が決まることが当たり前となってきており、日本の場合はバンコクほどではないですが、求人が増加してる割に人材の母数が少なく、結果としてスピードの速い会社がうまくいく傾向にあります。

N (Nickname=ニックネーム)

タイ人の氏名は舌を噛むほど長いため、1人1つ必ずニックネームを持っています。実はビジネスや友人間でもそのニックネームを愛用しており、ニックネームには本人も愛着があるため、面接や入社後もニックネームで呼ぶことで、心を開き、さらにオープンなコミュニケーションが可能になります。特に意味もなく、ビールが好きだからBeerさんとかベンツに乗りたいからBenzくんとか、割とよくあるそうなのですが、ニックネームで呼び合うことこそ重要なのです!弊社のお客様も、ニックネームで呼び合っていたり、名刺にカッコ書きでニックネームが記載されていたりそのようにされているケースが多いです。

P(Parents =両親)

タイでは国王と同様に一番大事なのが両親の存在です。決して悪口を言ったり、彼らの意向を無視する発言はしてはいけません。一気に信頼が崩壊します。親の意向は子供の考えや意思決定に大きな影響を与えます。つまりタイにいる親が早く帰って欲しいと言えば、子どもは早めにタイに帰れる会社を探す傾向にありますので、面談の段階で本人に親の考えを聞いてみるのは良いと思います。ちなみに、タイ人が内定をもらったら、まず親に報告します。親がNGを出せば、大体が内定辞退になります。いつまで自分で決められないんや!ではなく、そういう文化なのです。

伝えたいポイントは他にも色々とありますが、違いを受け入れられる文化のある会社こそが、タイ人だけではなく、他の外国籍採用、さらにはこれからの日本人若手採用において有利に働くのは間違いありません!

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN CAREER 採用のページへ

ABOUTこの記事をかいた人

TagamiTatsuya

1988年東京で生まれ、2010年に明治大学経営学部を卒業後、金属系の専門商社にて海外輸出チームにて中国向けの輸出及び中国・中南米の三国間貿易に従事。 ASEAN好きが高じて、2013年に退職。ASEAN留学生と若手日本人の文化交流を推進するNPOを創業。2014年には在日留学生の就職問題と日本企業の機会損失を解消すべく、NODE株式会社を協同創業。 主に在日東南アジア人材を中心に約10,000人の日本語人材の獲得、さらに3,000人以上の面談経験を有する。 現在は、ASEAN人材ハンターの肩書きのもと、採用企業の外国籍人材採用および同業人材エージェントの戦闘力強化をサポート。