ベトナム大学受験について(Part 2:2015年以降の受験プロセス)

こんにちは。ベトナム出身のアインです。

本日はPart 1:2015年以前の受験プロセスの続きとして、Part 2:2015年以降の受験プロセスについて紹介します。

2015年以前2015年以降の受験プロセスはどう違うか、結論からいうと、下記の2点の変化点があります。

  • 2015年以前の「高等学校卒業試験」及び「大学及び短期大学入学試験」という2つの試験が2015年以降、合併され、「国家高等学校試験」という唯一の試験となりました。
  • 学生さんは自分で受験科目の一部を選択できるようになりました。

2015年以降の受験の新制度を下の写真にまとめました。

2015年以降

各ステップを下記で詳しく説明します。

ステップ1:出願

高校3年の学生は4月ごろに願書を出します。この願書に於いて、志望大学並びに、「国家高等学校試験」の受験したい科目を申し込みます。

志望大学の数は制限なし。受験科目数として、4つ以上の科目を受けなければなりません。(5つの科目を受ける学生もいます)。

「国家高等学校試験」には、従来「高等学校卒業試験」と同じく受験しなければならない3つの必須科目(数学、国語、外国語)があります。それと、もう1つ(或は2つ)を以下の6つの科目から選択できます。

物理

化学

生物

歴史

地理

市民教育

ステップ2「国家高等学校試験」受験

6月中旬2日間で行われます。最初日は国語(午前中)と数学(午後)。2日目は外国語(英語、フランス語、ロシア語、中国語、日本語、ドイツ語から1つ)と選択科目。

ステップ3:「国家高等学校試験」結果発表

7月上旬に結果を発表します。この試験結果は高校の卒業認定と大学入試の合否判定に利用されます。

高校卒業だけの目的で、大学か短期大学に進学しない学生はこのステップで終了です。

進学希望の学生は次のステップに移ります。

ステップ4:各大学・短期大学により合格基準点数発表

7月中旬ごろに、各大学及び短期大学は合格基準点数を発表します。この基準点数を見て、学生さんは「国家高等学校試験」で取得した自分の点数が満たすかどうか、志望大学を変更します。ただし、変更は1回しかできません。

ステップ5:各大学・短期大学により第1回募集結果発表

7月下旬から8月上旬までの期間に、各大学及び短期大学は第1回募集の最終結果を発表します。

合格の学生は直ぐに入学書類を提出しなければなりません。

不合格の学生は次のステップに移ります。

ステップ6:各大学・短期大学により補足募集

8月に、不合格の学生を対象にし、各大学及び短期大学は補足募集をかけます。

đỗ đại học

 

以上、ベトナムの2015年以降の新受験プロセスです。この新プロセスの導入はまだ2年しか経っていないので、学生さんが全体のプロセスを把握できなく、期間内に志望校を変更し忘れなど、毎年何かの問題が起きています。今年は3年目となり、残念な問題が起こらないように祈っています。

LE THAI ANH(レー・タイ・アイン)

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN採用のページへ