ASEAN CAREERが選ぶ!今注目の優秀な外国籍エンジニアたち

04967de0ff0bc0429a01df7959078487_s

こんにちは、ASEAN CAREERの新村です!

相変わらず日本では人手不足が叫ばれておりますが、その中でもエンジニアの不足はかなり深刻になってきています。

そんな中、今回は「ASEAN CAREERが選ぶ!今注目の優秀な外国籍エンジニアたち」と題して、ASEAN CAREER登録者で、機械、電気、ITなどの分野で活躍する優秀なエンジニアの方4名(内1名新卒)を紹介します!

現在の転職(就職)希望者の中でも、特に優秀な4名を厳選しました。もし気になる方がいましたらお問い合わせフォームより番号(①~④)とともにお知らせください。

①Fさん(中途、29歳)

◇出身大学:慶応義塾大学
◇国籍:ベトナム
◇日本語能力検定:N1(ビジネスレベル)
◇使用可能ソフトウェア:JavaScript、Ruby、PHP、Objective-C
◇ 得意分野:ウェブ・モバイルのシステム開発

ハノイ工科大学トップ5に入るほどの優秀な学生で、ベトナム政府から援助を受けて慶応義塾大学に留学生として編入。その後、帰国義務によりベトナムのIT最大手FPTで勤務し、1年後日本法人に転籍。しかし受託業務・既存のサービス改善がほとんどで、自社で新しいサービスを開発したいと思っていた彼は友人のベトナム人が役員をやっているアプリ製作会社に転職。現在、さらなるスキル向上のため転職活動中。サーバーサイドエンジニアとしての就職を希望している。

②Rさん(中途、29歳)

◇出身大学:明治大学
◇国籍:マレーシア
◇日本語能力検定:N2(社内折衝レベル)
◇英語:TOEIC900~990
◇使用可能ソフトウェア➞NX IDEA, AutoCad

★マレーシアの大学に在学中、留学プログラムにより日本へ。そのまま日本の大手メーカーへ就職し、プロジェクトエンジニアとして働く。急な仕様変更、納期短縮要請などの困難を勉強のチャンスととらえ、積極的に取引先との合意形成をはかる。そのコミュニケーション力と英語力を活かし、多くの海外出張、トラブルシューティングなども担う。現在は、さらなる成長環境を求め、転職活動中。希望職種は機電設計職。

③Kさん(中途、28歳)

◇出身大学:ハノイ工科大学
◇国籍:ベトナム
◇日本語能力検定:N1(ビジネスレベル)
◇使用可能ソフトウェア:
[言語]PHP、JS、HTML、CSS、Sass、Java、NodeJS、 Objective-C、Cなど
[DB]MySQL、MariaDB など
◇資格:日本基本情報技術者試験(FE)

★ベトナムで大学を卒業後、来日。人材紹介会社のIT部で経験を積んだのち、SNSを活用したデジタルマーケティングを提供する会社に入社。ReFUEL4というスタートアップサービスの コアエンジニアとして初期から参加し、設計から開発、テスト、運用を担当(ReFUEL4は「 2016 Facebook Innovation Spotlight」を受賞)。今以上のチャレンジ環境を求めて転職を希望中。将来は自社でプロダクト開発をやりたい。

④Hさん(新卒、26歳)

◇出身大学:九州大学大学院
◇国籍:台湾
◇日本語能力検定:N1(ビジネスレベル)
◇英語:ビジネスレベル
◇使用可能ソフトウェア:Labview、Python

★台湾の大学に在学中に日本語を勉強し、文部科学省の奨学金で九州大学の大学院へ。日本に来て約1年という早さで日本語能力検定N1に合格。社会人経験こそないものの、研究への熱意は人一倍。これまでにLabviewで様々なプログラムを作り、Optics Expressと言う国際論文の第一作者として発表した経験もある。メーカー、特に電子・電気部品メーカへの就職を希望している。

おわりに

あらゆる業界でエンジニアが不足し、グローバル化が押し進められる中、今後、留学生や外国籍エンジニアが果たす役割は拡大していくことでしょう。実際、こうした優秀な外国籍エンジニアや、彼らを採用する企業はとても増えております。一方で、そこで考えられるのは、外国人の受け入れ態勢を整えることの重要性です。確かに、外国籍採用のご経験のない企業様にとって、十分な受け入れ態勢を整えていくのには時間と労力がかかります。しかし、せっかく採用しても、優秀なエンジニアが離れてしまえば元も子もありません。NODE株式会社では、採用支援だけでなく、そうした入社後の定着のサポートもさせて頂いております。ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、もし上記で気になるエンジニアの方がいましたらお問い合わせフォームより番号(①~④)とともにお知らせください。

以上、今回は、今注目の外国籍エンジニアの紹介でした!

「ASEAN人財」の採用を詳しく知りたい方へ

ASEAN採用のページへ